Web面接の注意点は4つ|これさえ押さえておけば初心者でも安心!

Web面接の初心者必見!面接時の注意点や事前準備について分かりやすく紹介しています。

2020.05.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者も安心Web面接の注意点

PTOTST WORKERでは、新型コロナウイルス感染・拡大防止の観点からWeb面接を実施しています。そこで、Web面接を受けるうえでの注意点について分かりやすくまとめてみました。Web面接を初めて受ける方は、ぜひ参考にしてみてください。

Web面接での4つの注意点

Web面接4つの注意点とは?

従来の対面面接であれば慣れている方もWeb面接は初めてという方は多いはず。
「どのような点に気を付けたらいいのか分からない」と不安を感じている方もいるのではいでしょうか?
そんなWeb面接初心者の方でも安心して面接が受けられるように、Web面接での4つの注意点をご紹介します。

【1】場所・背景に注意!

①場所・背景に注意!

Web面接はパソコンやタブレット、スマホなどを利用し、インターネット回線があれば自宅やカフェ、レンタルスペースなどさまざまな場所で面接を受けることができます。
しかし、Web面接でもっとも注意が必要なのは「場所・背景」です。
周りに人がいる環境や人が映りこむ場所は避け、面接に集中できる静かな環境を選んでください。できれば、自宅で面接することが望ましいでしょう。
また、背景はなるべくシンプルな壁やカーテンにすることをおすすめします。
自宅の場合、壁に貼ってある装飾品や置いている生活用品など、カメラに映らないように注意が必要です。
なぜなら、採用担当者は画面から応募者の人柄や性格などを見極めるため、画面に映っているもの全てがその人の情報となるからです。印象が悪くならないようにするためにも、面接に必要のない物は映らないようにしましょう。

【Web面接に適した場所・背景】
◎周りに人がいない場所
◎雑音が入らない静かな場所
◎シンプルな壁
◎シンプルな色・柄のカーテン

【2】服装に注意!

②服装に注意!

Web面接は自宅から気軽に受けられるからといって、普段着などラフな格好で面接を受けるのはNGです。自宅であっても必ずスーツを着用してください。
採用担当者は、画面越しに服装をチェックできるため対面よりもしっかりと見ていることがほとんどです。
なかには、座ったままだからと上だけスーツを着て下は部屋着という格好で面接を受ける方がいますが、ふとした瞬間に映ってしまったり思っていたよりも下の方まで映っていたりということがあります。そんな服装を見られたときには、真剣さが無いと判断されてしまうでしょう。
Web面接は「対面の面接とは変わらない」ということを忘れてはいけません。面接に行くときと同様に、上下スーツを着用しいつもより身だしなみに気を配りましょう。

【3】マイクに注意!

③マイクに注意!

Web面接でスムーズなコミュニケーションを取るには、マイクに注意しましょう。
Web面接で使用するパソコンやタブレット、スマホについているマイク。最近のマイクは高性能なものが多く、遠くの音まではっきりと聞こえるほど。しかし、面接中に遠くの音まで拾ってしまうと雑音が多くなり、採用担当者も集中して話を聞けなくなってしまいマイナスイメージになってしまいかねません。
また逆に、機器の性能やネット回線によって「音声が拾いにくい」「音声の質が悪い」ということもあまりよいイメージに結びつきません。
そんな音声のトラブルを避けるためには、マイク付きイヤホンの使用をおすすめします。
採用担当者の声がクリアに聞こえるだけでなく、マイクが口元近くにあるため自分の声もはっきりと担当者に届けることが可能です。
事前に友達などにお願いして音声のチェックをしておきましょう。

【4】開始時間に注意!

④開始時間に注意!

Web面接は、接続トラブルに備えるためにも「開始時間の5分~10分前」にはスタンバイしておきましょう。
とくに、Web面接初心者の方や機器の操作に不慣れな方は、緊張から操作に時間がかかってしまったり接続できないという状況になることもあり得ます。
面接時間のギリギリになって焦らないためにも、時間に余裕をもって準備しておきましょう。

Web面接前に確認しておきたいこと

Web面接の前に確認しておきたいこと

◆カメラの距離や角度◆
Web面接に使用するパソコンやタブレット、スマホを固定し角度や距離の確認をしておきましょう。
パソコンを使用する場合は、カメラの位置が顔の高さと同じになるように合わせてください。スマホやタブレットを使用する場合は、手持ちではなく必ず三脚などで倒れたり動かないように固定しておきましょう。また、パソコンと同様にカメラの位置調節も忘れずに。
どの端末の場合でも、セッティングした後は実際に映像を映して「顔の角度が下になっていないか」「顔が暗くなっていないか」「反射していないか」「背景に不必要なものは映っていないか」などチェックしてみましょう。
Web面接であっても第一印象は重要なポイントです。明るい印象を採用担当者に持ってもらえるように、照明の位置や光加減など工夫してみてください。

◆ネット環境が安定しているか◆
ネット環境は面接前に必ず確認しておきましょう。
カフェなどにも公衆Wi-Fiはありますが、不安定なため途切れることも多くおすすめできません。就職に関する面接ですので、途切れる心配がない有線LANケーブルがある場所や自宅のWi-Fiなどを利用しましょう。

◆充電の確認◆
端末の充電は、面接前に満タンにしておきましょう。
面接途中で電源が切れてしまうと、採用担当者に準備不足だという印象を与えてしまいます。そうならないためにも、念のため充電器に接続したままにしておくと安心です。

Web面接中に気をつけたいこと

Web面接中はここに気を付けよう!

◆声の大きさ◆
Web面接でよくあるのが、声が小さくて聞こえづらいということ。
静かな場所で画面越しに一人で話すため、普段よりも声のボリュームが小さくなってしまいがちです。WEB面接では、ふだんより少し大きめに発声することを意識してください。

◆視線◆
視線は、画面ではなくカメラのレンズに向けることを意識してください。
つい画面に映っている採用担当者を見てしまいがちですが、相手からは下を向いているように見えてしまいます。
そのため、面接に集中していないように思われたり、何か資料を見ているのかと思われてしまいます。そうならないためにも、顔を映しているカメラのレンズを見ながら話すように気を付けましょう。

◆表情◆
表情は最後まで気を抜かず笑顔でいることを忘れないでください。
面接が終わり、画面が消えるまでは映っていると思っておきましょう。最後の挨拶が終わって気を抜いていると、その油断した表情が採用担当者が見る最後のあなたの印象となってしまいます。
最後までいい印象にするためにも、画面が消えるまで笑顔はキープしておきましょう。

◆パソコン・スマホを触らない◆
面接でメモを取るために、パソコンやスマホを利用する方がいます。
しかし、タイピングの音は思っているよりも相手に聞こえてしまうため、面接を妨げてしまうため避けたほうがよいでしょう。
また、スマホでメモする場合も操作音や通知音(バイブ音)をマイクが拾うため、採用担当者からは通知をチェックしているように見えてしまいます。
Web面接の場合も対面面接と同じく、事前にメモ帳とペンを用意しておきましょう。

さいごに

さいごに

Web面接は、応募先に出向く必要が無いため交通費などのコストがかかりません。また、自宅に居ながら面接を受けられるので、このような状況下でも安全が保たれることは大きなメリットといえます。
Web面接を初めて受ける方は、上記に挙げた注意点に気を付けてしっかりと準備をおこないましょう。Webだからと気を抜かず、対面の面接と同じ気持ちで臨んでくださいね。

自宅での転職をサポートします!

PTOTST WORKERでは、専任アドバイザーが条件のご相談~就職決定まで転職活動をしっかりとサポートいたします。
弊社のWeb面接は、送られてくるURLをクリックするだけで面接を始められるためとても簡単です。
会員登録やアカウント作成、アプリのインストールなど一切ありません。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
(自由記入欄に問い合わせ内容をご記入下さい)
《PTOTST WORKER》

PTOTST WORKERのご利用が初めてという方はこちらもチェック!
●PTOTST WORKERを初めて利用する方へ当サイトのご紹介
●PTOTST WORKERの「ご利用の流れ」をご紹介
●PTOTST WORKERの「Web面談・Web面接の流れ」をご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新コラム記事