作業療法士の資格ってどんな資格なの!?

国家資格の名称独占と業務独占。作業療法士はどちらでしょうか。

2019.03.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作業療法士はてな


作業療法士の資格は国家資格です。
国家資格には名称独占と業務独占がありますが作業療法士は名称独占にあたります。
ではこの独占と業務独占とはいったいどういう違いがあるのでしょうか。
そして作業療法士の資格を持っているからこそできることとは何なのでしょうか?

業務独占と名称独占の違いとは?

本の上に眼鏡


業務独占とはその資格をお持ちの方しかその職業を名乗ることができず、資格を持っていない人がその業務に従事することはできません。医師や弁護士、看護師が業務独占にあたります。医師や弁護士、看護師以外が「私は医者です」と言って医行為を行うと法律違反です。当然ですね。
一方で名称独占とはその資格を取得・保有していなければその名称を名乗ることができません。ですので作業療法士でない方が作業療法士と名乗ると法律違反となってしまいます。
しかしその名称を名乗ってはいけないだけで資格を持っていなくても業務に従事することは可能です。作業療法士の資格を持っていない方でも作業療法士と名乗らなければその業務に従事することが可能というなんとも不思議な感じなのです。実際は資格をお持ちでないと雇ってもらえないと思いますが、学校に行く余裕はないけれどどうしても作業療法士として働きたい方は一度病院に尋ねてみても良いかもしれません。

作業療法士の資格を持っていることでできること

手書きの四つ葉


作業療法士の資格を持っていることでできることは無限にあります。
理学療法士と同じく作業療法士が行うのも「リハビリ」ですが、作業療法士は精神疾患の患者さんも対象にしているため活躍のフィールドが幅広いのです。体のリハビリのみならず心のリハビリも行う専門職なのです。とは言ってもイメージがつきにくいかもしれません。
実際にどんなことをするのかご紹介していきたいと思います。

作業療法士の仕事

つるの折り紙


理学療法士及び作業療法士法第2条第1項に“この法律で「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう”といった文言があります。
手芸や工作とあるので、医療現場で手芸や工作を行うことが作業療法であると認識されがちですが実際にはADL(日常生活動作)訓練やIADL(手段的日常生活動作)訓練や福祉用具の使用等の訓練も行います。
一方で精神科作業療法では集中力を鍛える訓練の一環でビーズ細工や革細工、折り紙を行うこともあることから作業療法士は非常に幅広い知識を持っていることが必要です。

作業療法士のリハビリにはメンタルケアも含まれる

ハートを運ぶトラック


作業療法士には目の前にいる患者さんのメンタルケアも求められます。
たとえば進行性の病気で日に日に失われていく機能を目の当たりにしている患者さんがいらっしゃるとします。
その絶望感は想像を絶する深い悲しみかもしれませんし、時にはどうにもできない怒りを向けられることがあるかもしれません。
そのときに患者さんの心に寄り添い、患者さんができないことを受け入れられるように支援をしていくことが必要になってきます。
また精神科の患者さんに対してもメンタルケアは重要で患者さんのしんどさに寄り添うことのできる感性も作業療法士にとって大切な資質です。

作業療法士の資格まとめ

黒板に書かれた電球

作業療法士の資格についてまとめると…

・作業療法士は名称独占の国家資格である
・作業療法士は体のみならず心のリハビリも行う
・作業療法士にはメンタルケアも求められる

ということです。
資格を生かして楽しい作業療法士ライフをお送りできることを願っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新コラム記事